月別アーカイブ: 2014年9月

残念ながら閉店です

IMG_1135.JPG

いつも、私の胃袋を満足させてくれていた138沿いの吉牛が本日で閉店です。
おばちゃん3人で質の高い牛丼を出してました。
本当にお世話になりました。
ありがとう。iPhoneから送信

フクジロウで思う事

_1_6.JPG _2_6.JPG _3_4.JPG _4_3.JPG

第8戦終了後バタバタと忙しく、報告が今になりましたが、第8戦は3位でした。
しかし、表彰式の3位の立ち位置でグランドスタンドで応援されていた奥様にジャンプしながら手を振っている。第7戦で勝った時よりも喜んでいる姿にカメラマンを含めポディウム前にいる人々に何で?と質問されました。
私はフクジロウさんの気持ちを思うと涙が出る位嬉しかったです。
第8戦前に約束しました。
予選、第7戦と目標を達成出来たので、第8戦は車をぶつける事無く、他に迷惑かける事無く、あー楽しかったと一日を終える様にしょう、と。
予選でフラットスポットを作ってしまったタイヤで戦う事。
悪くて3位、前にミスがあればそれ以内。
決して無理な仕掛けはしない。
この3点だけ告げました。
トップ3の力量は肉薄している事もあり、約束通り無理な仕掛けはせず間合いを取りながらファステストラップを出したり、レース終盤でそのラインを走るか?と言わせる位色々なラインを試していましたね。余裕さえ感じました。
そしてあの表彰式での喜び様です。解ってくれましたね。
参加している人全員が自分と同じ気持ちでここにいる事を、みんな忙しい中時間を作って大好きな車で競って遊ぶ為に集まっている事を。
表彰式で人の表彰を手を叩いて讃えいる姿はカッコ良かったです。
そしてメカニック全員にお礼を言って頂いてありがとうございました。何故か朝から気持ちは一つになっていました。
わざわざ応援に来て頂いたS様、O様一家様、ありがとうございました。チームメイトの大先輩である清水さん、お疲れ様でした。久々に気持ち良いレースを支えさせて頂きました。
ただ一言だけ言わせてください。
私達メカニックはオーナーが考えている以上にマシンを可愛がっていますし、マシンは共にオーナーを支える仲間であり、戦友です。
またぶつかるかもしれないから、とおっしゃるのも解りますが、いつまでも痛々しい戦友をみるのも辛いものです。
そして織戸 学❗️
私は本気で君の様な男になりたい思った。あの繊細な気配りは速さの秘訣ですね。有意義なレースウィークをありがとうございました。
気がつけば長い文章になってしまいました。お付き合いありがとうございます。iPhoneから送信

ポールtoウィン(^O^)/

_1_5.JPG _2_5.JPG _3_3.JPG

勝ちました。\(^o^)/
初優勝です。フクジロウさんおめでとうございます。iPhoneから送信

ポールポジションでした(^O^)/

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_2.JPG

ポールポジションでした。
昨日まで攻略できなかった第3セクター。私のきつい一言が悔しかったんですね。完璧に克服してます。カッコよかばいフクジロウ。
清水先生も66歳とはとても思えない素晴らしい走り。
天気もいいし、楽しい一日を過ごしましょう。iPhoneから送信

おはようございます。

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.JPG

おはようございます。
今日は富士スピードウェイでGT3チャレンジのお仕事です。天気もいいし、是非お出かけください。iPhoneから送信

元気でな…。

_1_4.JPG _2_4.JPG

今日、RSRちゃんが遠くへ行きます。元気でな。iPhoneから送信

今日もミッションの作業です

_1_3.JPG _2_3.JPG _3_2.JPG _4_2.JPG _5.JPG

今日のミッションは、走行中異音がしたとの事で、ジャッキアップしてミッションを回して見たのですが異音は感じられない。しかし、3速から5速までのシフトフィーリングが何と無くグニャリとして感じ悪い。こう言う場合はシフトコントロールケーブルのミッションのマウントステーが緩んでいるか、ミッションマウントブラケットのクラックや緩みが原因なのだが、ミッションの外部に原因となるものは見当たらない。
大事をとって分解して、組立時のクリアランスが見えるケースで再度組立て見ると、写真2で解る通り、ニュートラルでクローカラーが右側の4速に寄っている。
3速ではドクリングの噛みが浅く、4速ではクローカラーがドクリングに深く噛み過ぎてクリアランスが全く無い。しかし写真3の1速、2速や写真4の5速、6速はほぼセンターにある。
この場合、シフトドラムの位置でまづインプットシャフトの3、4速を決めて、それからピニオン側の1-2速、5-6速を合わしこんで行くしかないのかな。ピニオンシャフト側は、0.05とびでシムが存在するのでいいとして、シフトドラムの両端のディスクには 寸法違いが存在しない。まづシム作りからですね。ちょっと時間がかかる作業になりそう。(^_^;)iPhoneから送信

本日はFSWでスポ走です

_1_2.JPG _2_2.JPG

久々にワイルドCUPの登場です。
GT-ASIAで痛めた腰も完治し、久々の割りには絶好調\(^o^)/
ダンロップまでは46秒台の走りです。後は第3セクターを丁寧に…。
後、「3P、4P当たり前」と豪語している割りに、体力がねえ〜

iPhoneから送信

ミッション破損

_1.JPG _2.JPG _3.JPG _4.JPG

今日は、997CUPのミッションについてのお勉強です。
今回の事例は富士のストレートで5速に入れた途端にギアが無くなった例です。危ないですね、怖いですね、頭の片隅で金勘定が始まりますね、クラッチ離せないですね。今回は幸運にもクローカラーを支えるドライバーのスライディングフィンがズルムケになっただけで、シャフトの曲がりも無く、またすぐクラッチを切りギアの回転を抑えた為、他のギアへの影響や損傷が少なくて済みました。
今回の事例は初めての例で、12年以降の円型ドライバーのおかげでしょう。それ以前のバージョンアップをしていないミッションは写真3のようにクローカラーがバラバラになり、破片が5速、6速のギアに噛み二次被害が発生します。
写真4は6速と5速の間でシャフトがねじれてしまい6速ギアギリギリの所でシャフトを切らないとミッションが分解できなかった例です。こう書くと「CUPに乗れへんやんけ、早よ売ろ」となってしまいますが、まづタイムをつめるより、確実にクラッチとシフトダウンの操作をリンクさせる事が重要です。写真を見て頂ければ解る通り、450馬力のパワー、1300kgの車両が270km/hのスピードからフルブレーキしながら5速にシフトダウンしてシフトロックから回復した時の衝撃と伝達を、ドライバーのスライドフィン、クローカラー、ドグリング、ドクリングのセレーションで受けていると言う事実です。何を言いたいか解らなくなったのでこの辺でやめておきますが、異音や異常を感じたら、早めにチェックしましょう。iPhoneから送信

TOP PAGEKRMとは?チューニングメンテナンスイベント情報レース結果ギャラリー販売車両会社案内お問い合わせリンク
COPYRIGHT©2014 株式会社ケーアールエム. ALL RIGHTS RESERVED.